人気の青汁を分析してランキング形式で徹底的に比較

「まずい!もう1杯!」の青汁のイメージはもう古い!

青汁といえば、大多数の日本人がまずイメージするのが、キューサイの青汁のCMのフレーズ「まずい!もう1杯」ですよね。確かにひと昔前の青汁といえば、ケール100%の青汁が主流で、独特の青臭さと苦みで飲む人を選ぶ健康食品として有名でした。

しかし、現在は青汁の高い栄養価、腸内環境の改善、美肌効果に若い女性の注目が集まったことで、その飲みにくさが大幅に改善されました。 青汁の主成分も飲みにくいケールから、明日葉や大麦若葉など栄養価をキープしながら臭みや苦みの無い飲みやすい野菜にシフトをしたり、味付けも、マンゴーやアップルなどの飲みやすいフルーツジュースタイプのものが各社メーカーから販売されるようになりました。

「飲みにくそう」「青臭そう」というイメージは一回捨てて、青汁の素晴らしさを1度体験してみることをおススメします。

なお、青汁は1000年以上前からの医書「医心方」にはも健康維持や長寿の薬として記載があり、その当時から青汁は多くの人に重宝されている歴史ある健康食品です。それ故、その安全性は間違いがありません。サプリメントや酵素系ドリンクなどは少し安全面で不安という方にも青汁はおススメの健康食品です。

青汁の比較方法と選び方

今や日本では100種類以上の青汁が販売されており、昔は青汁の主成分も「ケール」が主でしたが、「明日葉」「大麦若葉」など 飲み易さや栄養に考慮し、多種多様のものが販売されるようになりました。

正直青汁を初めて飲む方はどうやって選んで良いのか分からないという方も多いと思いますので、青汁総選挙管理人がお勧めする、青汁の比較方法や失敗しない選び方を紹介していきたいと思います。
 

・商品価格だけでなく1回分のコストをしっかりと比較!お財布への負担をチェック

青汁は風薬のように体調が悪い時だけ飲むものではありません。毎日欠かさず長期間のむことで、腸内環境や肌の調子など、体の健康をしっかりと維持してくれるものです。最低でも3~6か月は続けることで、青汁の効果をしっかりと体感することができるはずですし、それを維持するのであれば、長期的に継続する必要があります。

その為、「ちょっと値段が高くて続けられるかわからない。。。でも良さそうだしこれに決めた!」という商品選びが最も青汁を選ぶ上での失敗するケースといえます。どんな素晴らしく万能な商品であっても、毎日続けなければ意味がないのが青汁です。
 

・青汁を飲むことで自分が期待する効果を明確に!商品にも個性を比較。

ユーザーのニーズが多様化する現代において、一言で青汁といっても単に健康維持の為に「栄養補給」だけを目的とするものや、プラセンタやコラーゲンなどを贅沢に使用し「美肌効果」をプラスアルファで追及した商品や、豊富な食物繊維や乳酸菌で「便秘改善効果」を更にアップした商品、飲むサラダと位置付けて、ファスティング(断食)向けのダイエットに特化したものもあります。はたまた、水で溶かす手間を省いたゼリー状の青汁まで多種多様です。

どのメーカーの青汁を飲んでも、ビタミンC、ベータカロテン、マグネシウム、ビタミンE、カルシウム、鉄分、ビタミンB、食物繊維、葉酸、カリウム、などのビタミンやミネラルを補給できる事は間違いありませんが、その上でどのような効果を求め、そのニーズをしっかりと満たしてくれる青汁を比較して選びましょう。
 

・青汁の主成分をチェック!ベースの成分で栄養価を比較

今までは青汁の主成分といえば「ケール」が利用されておりその栄養価や効果、効能に多くのファンがいます。しかし、デメリットとして特有の青臭さや苦みがあるといったデメリットがありました。

そして近年では、それらのデメリットを回避して、飲みやすい青汁として「大麦若葉」や「明日葉」「桑の葉」なども最近主成分として利用する 青汁の商品も増えています。また、それらは「ケール」にも劣らない栄養価を含んでいます。 それぞれのデメリット、メリットを比較して、しっかり把握することも失敗しない青汁の選び方をしましょう。

※可食部100gあたりの比較
ケール明日葉大麦若葉桑の葉(乾燥)
食物繊維(g)3.75.64.152.0
ビタミンB2(mg)0.150.240.141.40
ビタミンC(mg)81.041.07.032.0
葉酸(μg)120.0100.040.0300.0
鉄分(mg)0.81.04.144.0
カルシウム(mg)220.065.029.0 2699.0
飲みやすさ


ケール」「明日葉」「大麦若葉」「桑の葉」ともに秀でているポイントは異なりますが、 トータルで考えると、飲みやすく栄養価の高い「明日葉」「明日葉」「大麦若葉」「桑の葉」を利用した青汁が青汁総選挙の管理人としてはイチオシです。
 
青汁ドリンク人気比較ランキング
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁【GENKING】
GENKING愛飲!なんと初回680円!美容とダイエット効果抜群のフルーツ青汁
人気急上昇中のタレントGENKING(ゲンキング)さんが愛飲している青汁が「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」です。「美容」「ダイエット」「栄養補給」の3つを1つに詰め込み、普段通りの生活、食事をしながら無理することなく「ダイエット」し、フルーツ、野菜の「栄養」を補給し、コラーゲンとプラセンタのダブル成分で「美肌」を手に入れることが出来る青汁です。また、特有の青臭さを出す「ケール」を使用せず、栄養満点の大麦若葉を使用することで青汁独特の臭みを無くし、パイナップル、イチゴ、メロン、オレンジをふんだんに利用し、フルーツジュースの様な美味しさを実現しました。
価格
5,980円
容量(回数)
30袋
1杯当たりの費用
199円
初回限定価格
680円
1杯当たりの費用(初回限定)
23円
飲み易さ
青汁なのに果実もたっぷり配合。誰もが美味しく飲めるフルーツジュース風味。
最大の特徴
「美容」「ダイエット」「栄養補給」の3つの効果を贅沢叶える青汁
こんな人におススメ
飲み易さNo.1 青汁初心者におススメ!忙しいOLや主婦の「美容」「ダイエット」「栄養補給」のワガママを手軽に叶えます!
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
1缶で1日分の野菜を補う!リンゴ風味のサンスターおいしい青汁
子供から大人まで楽しめるサラリとした飲み易さのサンスターおいしい青汁。サンスター独自のフレッシュピューレ製法でまるで野菜を食べているような飲み応えを味わえ、更に豊富なレモンとリンゴ果汁を配合することにより、青汁独自の臭みや苦みは無く、フルーツジュースの様な味わい。また、缶で飲めるので青汁の粉を水で溶いたりする手間は一切かかりません。サンスター社員が自身の健康を見直す為に生まれた「サンスター心身健康道場」ブランドから生まれた青汁は、1缶で1日分の野菜が補給できる贅沢な青汁です。
価格
2,000円
容量(回数)
10缶
1杯当たりの費用
200円
初回限定価格
設定無し
1杯当たりの費用(初回限定)
設定無し
飲み易さ
レモンとリンゴ風味のフルーツジュース味。青汁独特の苦みや臭みは感じません。
最大の特徴
1缶で1日に必用な約90gの野菜が摂取できる栄養満点の青汁。
こんな人におススメ
忙しくて野菜が取れない!生野菜が苦手!コンビニ弁当ばかり!食生活や肌や便通が乱れがちな女性に。
新感覚青汁ゼリーの美感青汁
新感覚ゼリーの美感青汁
水不要のジェルタイプの新タイプの青汁!マンゴー味で何時でもどこでも飲める
働く女性の味方!粉タイプの青汁だと水に溶く手間がかかりますが、美感青汁は水不要のゼリータイプの青汁です。便利で手軽なスティックタイプで時間と手間を一切掛けず、青汁を摂取することが出来ます。美容成分の「コラーゲン」「コエンザイムQ10」「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「セラミド」「ビタミンC(レモン180個分」をたっぷり使っており、栄養補給だけに留まらない青汁です。なお、アオザサを使い、ケールを使用した青汁よりも「リン」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」「鉄分」など体調を整える栄養素もしっかりと含まれています。
価格
3,700円
容量(回数)
30袋入
1杯当たりの費用
123円
初回限定価格
2,100円
1杯当たりの費用(初回限定)
70円
飲み易さ
お手軽スティックタイプで働く女性におススメ!マンゴー味で青汁独特の匂いは無く、飲み易さもは間違いなし。
商品の特徴
水で溶いてコップで飲むという青汁の概念を覆したスティックゼリータイプの青汁です。外出先でも簡単に摂取できます。
こんな人におススメ
仕事や子育てで多忙な女性に最適。手間を掛けず簡単に美容と栄養を補給できます。
話題の青汁ダイエットとは
青汁ダイエットとは

話題の青汁ダイエットをピックアップ。健康的に、そして青汁ダイエットを成功させる為に、痩せる仕組みやダイエットの注意点、どんな青汁を比較して選ぶべきかなど、失敗しない青汁ダイエットのノウハウを紹介。

青汁の美味しい飲み方
青汁の美味しい飲み方

今や青汁は水で粉末を溶くだけではありません。青汁も毎日継続して飲まなければ効果がありません。そこで、毎日続けて飽きない様々な青汁の美味しい飲み方を紹介していきます。

青汁の便秘の改善効果
青汁の便秘の改善効果

青汁には緑黄色野菜の繊維がたっぷり。排便効果を高めて、腸の蠕動運動を促す青汁の便秘改善効果を紹介します。

ケールとは
ケールとは

青汁の成分としての代表格である「ケール」がどんな植物なのか、そしてどんな効果や効能が期待できるのかを紹介していきます。

大麦若葉とは
大麦若葉とは

青汁の成分としての代表格である「大麦若葉」がどんな植物なのか、そしてどんな効果や効能が期待できるのかを紹介していきます。

桑の葉とは
桑の葉とは

青汁の成分としての代表格である「桑の葉」がどんな植物なのか、そしてどんな効果や効能が期待できるのかを紹介していきます。

明日葉とは
明日葉とは

青汁の成分としての代表格である「明日葉」がどんな植物なのか、そしてどんな効果や効能が期待できるのかを紹介していきます。

青汁を飲むことで期待できる効果や効能

大自然の恵みである野菜を豊富に使用した「青汁」には、体に対して様々なプラスの影響があります。そんな青汁の効果や効能を紹介していきたいと思います。
 

・豊富な栄養を補給

過食と言われるこの時代でも、1日の成人が摂取すべき野菜量は余程気を使っている人でない限り不足しています。成人が1日に摂取することを目標としている野菜の量は350gというのはご存知の人も多いと思います。この350gの内訳は、緑黄色野菜は120g、残りが淡色野菜や海藻・きのこ類などになっています。350gと言われても具体的にどのくらいの量か分からないという人は、1日に5皿程度の野菜料理を食べるのが良いとされていますが、実際にそれだけの量を摂取できている人は一握りでしょう。実際に日本人の平均した野菜の摂取量の統計データを見てみると300gにも達しておらず、なかなか野菜を摂取するのが難しい状況となっているようです。さらに野菜そのものの栄養素も減少しているので、350gきっちり摂取できていたとしても、どれだけ野菜の栄養素をしっかり吸収できているかは分かりません。

青汁で補給することが可能な栄養素は、ビタミンC、ベータカロテン、マグネシウム、ビタミンE、カルシウム、鉄分、ビタミンB、食物繊維、葉酸、カリウム、などになります。ビタミンやミネラルをしっかり補給することができます。ビタミン、ミネラルは体の機能をしっかりと動かすために必要不可欠です。食物繊維を摂取できるので便秘の解消に役立ちます。これらに加えて、乳酸菌が配合されていたり、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分を加えていたりする青汁もあります。プラスアルファの栄養を摂取できるので美容効果や健康効果がより高くなり注目されています。

青汁を飲むことで、体調が良くなっていきます。野菜はダイエット中には特にしっかり摂取したいものです。栄養のバランスが悪いと肌荒れなども引き起こしてしまいますが、野菜でビタミン、ミネラルを補給してそれらを防ぐことができます。青汁の原料に使われている野菜にはケールや大麦若葉などがありますが、大麦若葉は飲みやすく良い香りです。ケールのほうが栄養素が高いとも言われていますが、飲みやすさや続けやすさも考慮して好きな青汁を飲むのが良いでしょう。吸収性の高い青汁を探してください。
 

・腸内環境を改善して便秘やお通じを改善

便秘は多くの女性共通の悩みです。また、便秘になることで顔が浮腫んだり、下っ腹がポッコリ出てウエストが締まらないなど、その悩みは様々な体の部位に悪影響を及ぼします。そこで、便秘解消に大きな力を発揮するのが青汁です。青汁には多くの食物繊維が含まれており、食物繊維は人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分なので、腸の中に溜まっている便を掃除し、すっきりと腸内を掃除してくれる効果があります。

なお、食物繊維と一言で言っても、水に溶けにく便秘に効果的な「不溶性食物繊維(セルロース・ヘミセルロース・ペクチン・リグニンなど)」と、水に溶けやすく肥満防止効果のある「水溶性食物繊維(ペクチン・グルコマンナン・アルギン酸・フコイダンなど)」がありますが、青汁には便秘に効果的な「不溶性食物繊維」が多く含まれています。

また、発ガン性物質などの腸内に長く留まることで体に悪影響を与える有害物質を体外へと排出しますので、長い目で見ても腸内をキレイに保つということは非常に重要なことです。
 

・美肌効果

青汁には体内で作ることが出来ない必須ビタミンを多く摂取することが出来ます。これらは体内では作ることが出来ませんので、普段の食事が偏り必要量摂取できていないと、慢性的に欠乏状態になり体や肌の状態が崩れてしまいます。

青汁に使われる野菜には必須ビタミンやミネラルなどの肌のターンオーバーや肌の環境を整える成分が多く含まれていますので、栄養が偏って肌が荒れている女性には特に美肌の効果が高く現れるかのうせいがあります。
 

青汁総選挙管理人の紹介

青汁総選挙管理人画像

30代のOLで青汁生活を初めて約1年経過しています。正直青汁ど真ん中の苦くて臭い青汁は苦手。手軽にジュース感覚で飲める青汁を日々探してはトライしている毎日です。

青汁自体は幼い頃から母親がサンキョーの青汁を飲んでいたので抵抗はなかったのですが、小学校の頃に、無理やり母親に飲まされてからトラウマになり社会人になるまではできるだけ遠ざけていました。

しかし、30代を過ぎてから便秘からくる肌荒れや、出っ張りおなかが日に日にひどくなってきたのをきっかけに、サプリなど様々な健康食品をトライしましたが、思い通りに改善せず最後にたどり着いたのが「青汁」でした。

幼い頃のサンキョーの青汁がトラウマだったのですが、最初にサンスターのフルーツジュースタイプの青汁を思い切って購入したところ大当たり!今までのトラウマが一基に吹き飛びジュース感覚で健康を手に入れられる素晴らしさに現代の技術の進歩と青汁メーカーの努力に感謝しきりの毎日で、すっかり青汁の虜に。

肌の変化や便秘の調子は青汁を飲み始めて早くて1週間~1か月で短期で劇的な変化を期待すると肩透かしの可能性がありますが、長く続ければ必ず満足する効果が得られるはずです!

管理人が様々な商品を試し、メリットやデメリット、期待できる効果などをしっかりと比較し、青汁総選挙を通して、みなさんの青汁選びのお手伝いができればと思います。
 
青汁人気ランキング
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁【GENKING】
GENKING(ゲンキング)愛用の「美容」「健康」「ダイエット」の3つを叶えるフルーツ青汁!
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
1本で1日分の野菜を補給。販売実績8,300万本の実績!サンスターの美味しい青汁。
新感覚青汁ゼリーの美感青汁
新感覚ゼリーの美感青汁
青汁の常識を覆すゼリータイプの青汁が登場。携帯可能で場所と時間を選ばずいつでも飲める!
お米由来の乳酸菌配合の青汁みらい
青汁みらい
明日葉使用のふるさと青汁
ふるさと青汁
ビフィズス菌配合の里の青汁
里の青汁