人気の青汁を分析してランキング形式で徹底的に比較

大麦若葉の効果や効能とは

収穫した大麦若葉の写真

青汁の主成分である大麦若葉ですが、どのような植物なのでしょうか。大麦若葉とはイネ科の植物である大麦の若い葉の部分を指しており、2、30cmに育った状態で収穫したものをいいます。主な原産地は中央アジアです。では、大麦若葉に含まれる栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか。大麦若葉にはカルシウム、鉄、カリウム、SOD酵素、亜鉛、ミネラル、マグネシウム、β−カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが有効成分として含まれています。
 

大麦若葉の摂取におけるメリットや効果・効能

大麦若葉は非常に豊富な栄養、ミネラルやビタミンが含まれている万能野菜の為、メリットや効果・効能が紹介しきれない程に非常に沢山ありますので、ここでは代表的なものを10個紹介していきたいと思います。

・生活習慣病の予防効果
大麦若葉にはSOD酵素が多く含まれており、動脈硬化や高血圧、糖尿病といった生活習慣病を未然に防ぐ効果があります。

・細胞の健康維持効果
生活習慣病予防効果に含まれるSOD酵素が力を発揮してくれます。人間の体の中には約60兆個の細胞でできているのですが、健康を維持するためにはその細胞のひとつひとつをきちんと正常な状態にキープすることが重要になります。この大麦若葉に含まれているSOD酵素は、こうした一つ一つの細胞やDNAを活性酵素から守ってくれ、老化現象や病気を未然に防ぐ効果があると言われています。

・歯や骨を丈夫にしてくれる効果
骨の代謝に影響を与える成分としてカルシウムが挙げられますが、大麦若葉にはこのカルシウムが大変多く含まれているため、骨や歯を丈夫にしてくれる効果があると言われています。

・冷え症の改善効果
冷え症が長期間続いてしまうと、身体の新陳代謝が低下していきます。そして、新陳代謝が低下すると、肌荒れや関節痛、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などの症状が表れてきます。大麦若葉は前述の通り、カルシウムが大変多く含まれているため、冷え症の改善に効果があると言われています。

・貧血の予防効果
大麦若葉には血の要素であるヘモグロビンをつくる鉄が大変多く含まれているため、貧血の予防に効果があると言われています。

・新陳代謝低下を防ぐ効果
大麦若葉には亜鉛が大変多く含まれていますが、この亜鉛は筋肉を作るたんぱく質に効果を活気してくれるばかりでなく、糖質や脂質の代謝にも効果を発揮してくれます。

・免疫力を高めてくれる効果
大麦若葉には豊富なβ−カロテンが含まれており、皮膚や粘膜を丈夫にしながら免疫力を高めてくれます。免疫力が高まると風邪をひきにくくなるばかりでなく、回復力のある身体を作ってくれます。

・疲労の回復効果
大麦若葉にはビタミンB1が大変豊富に含まれているため、疲労が回復する効果があると言われています。

・美肌効果
大麦若葉にはビタミンCがとても多く含まれているため、肌荒れを予防してくれます。ビタミンCは肌の成分であるコラーゲンの生成に欠かせないものです。

・便秘の解消や改善効果
大麦若葉には食物繊維も豊富に含まれているため、便秘にはとても有効なのです。

 

大麦若葉の摂取におけるデメリットや副作用

大麦若葉には大変多くの効果があることはおわかりいただけたでしょうが、その副作用はあるのか気になるとことです。その答えは副作用の心配はありません。しかし、大麦若葉の過剰な摂取は身体に悪い影響を与えてしまう場合もあります。大麦若葉には多少のカフェインも含まれているため、脳を興奮させてしまう作用もあります。このため、不眠や胃痛など、引き起こしてしまう恐れもあるため、注意が必要です。そして、持病があって薬を普段から飲んでいる方などは、妊娠中や授乳中の場合などは特に摂取を控えることをおススメします。過剰摂取を避ければ身体に良いことばかりなのが大麦若葉です。
 

大麦若葉の味や飲み易さとは

青汁にはこの大麦若葉が多く含まれる場合と、ケールが多く含まれる場合とがあります。ケールはブロッコリーや芽キャベツなどのアブラナ科の野菜の一種であり、大麦若葉とはまったく違う種類の植物です。含まれる栄養素はβ−カロテン、ビタミンC、葉酸、カリウム、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維などで、大麦若葉と似ています。しかし、ケールは安眠効果のあるメラトニンといった成分が特に目立っており、大麦若葉とは違う特徴になっています。ケールは一般的に独特の風味と青臭さや苦味があるため、いわゆる昔のテレビCMで放送されていた「青汁はまずい」といったイメージは、このケールから来ています。

一方、大麦若葉はケールに見られるような苦味や青臭さがほとんどなく、ほんのり抹茶のような風味を持っているので、とても飲みやすいのが特徴です。

では、効果的な大麦若葉の選び方や基準とは一体、どのようなものでしょうか。大麦若葉を選ぶ基準としては、日本産原料であることや無農薬・有機栽培の原料、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているものということになります。
 

大麦若葉の摂取量に関して

大麦若葉の摂取量についてですが、サプリメントの場合の摂取量は一般的には、1日1粒から3粒と規定されている場合がほとんどです。1日の摂取量を多少超えたとしても、副作用は起こりませんが、逆にそれ以上の効果も期待できないことは頭に入れておきましょう。大麦若葉はこのように、サプリメントでの摂取が簡単ですが、もちろん、大麦若葉を多く含む青汁を飲んでも簡単に摂取できます。「良薬口に苦し」とよく言われることですが、大麦若葉の場合、こうした言葉は当てはまりません。それだけ飲みやすいからです。この飲みやすさゆえに、大麦若葉の入った青汁は、小さなお子様のいる家庭でもとても人気です。大麦若葉を摂ることは、習慣化させることで大変多くのことが期待できるといわれているので、サプリメントにしろ、青汁にしろ、選んだ後はきちんと続けることが特に重要です。大麦若葉の場合は野菜嫌いな方でも続くといわれているため、とてもおススメです。

 

大麦若葉を使った青汁はこちらから

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
サンスターのおいしい青汁
美感青汁

 

680円から始めるGENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁 公式サイト
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁は便秘改善・美肌効果・ダイエット効果が求められるワガママな女性にぴったりの人気急上昇中の青汁です。
 
 
    サービス詳細はこちら
 

青汁人気ランキング
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁【GENKING】
GENKING(ゲンキング)愛用の「美容」「健康」「ダイエット」の3つを叶えるフルーツ青汁!
PECO(ペコ)のめっちゃぜいたくフルーツ青汁
モデルのPECO(ペコ)が10kgのダイエットに成功した秘密のダイエット方法!SNSで話題の「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」
すっきりフルーツ青汁
コスパ最高の630円から始めるフルーツ青汁ダイエット
なつぅみchanのハッピーマジック青汁
初回無料!人気カリスマモデルのなつぅみchanのハッピーマジック青汁が遂に登場。
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
1本で1日分の野菜を補給。販売実績8,300万本の実績!サンスターの美味しい青汁。
新感覚青汁ゼリーの美感青汁
新感覚ゼリーの美感青汁
青汁の常識を覆すゼリータイプの青汁が登場。携帯可能で場所と時間を選ばずいつでも飲める!
お米由来の乳酸菌配合の青汁みらい
青汁みらい
明日葉使用のふるさと青汁
ふるさと青汁
ビフィズス菌配合の里の青汁
里の青汁