人気の青汁を分析してランキング形式で徹底的に比較

青汁の美味しい飲み方

青汁の飲み方の画像

青臭い、苦い、まずいといわれて飲みにくいイメージがあった青汁ですが、最近は飲みやすい青汁が数多く登場しています。しかし、独特の青臭さがまったくないわけではありません。どうすればおいしく飲めるのでしょうか。ここでは管理人が実際に実験した青汁の美味しい飲み方を紹介していきたいと思います。

 

牛乳で割る

青汁にはケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などいろいろな種類がありますが、牛乳で割る飲み方はさまざまな青汁との相性がよいです。牛乳に含まれる脂肪分が青汁の苦さを包み込んでまろやかにします。抹茶のような味です。子供でも飲みやすいです。青汁と牛乳だけでもおいしいのですが、はちみつを加えるとさらに飲みやすくなります。これなら子供でもゴクゴク飲めるはずです。牛乳にはカルシウムをタンパク質が豊富に含まれています。カルシウムは成長期の子供にとって必要です。朝食に1杯、おやつ代わりなどによいです。青汁はタンパク質が不足していますが、牛乳と混ぜることで不足するタンパク質を補うことができます。

 

豆乳で割る

牛乳が苦手、乳製品でお腹がゴロゴロする方には豆乳がおすすめです。豆乳で割っても牛乳のようにまろやかになり、抹茶風味でおいしいです。大豆は畑の肉ともいれてるタンパク質が豊富な食品で、豆乳にもタンパク質が豊富に含まれています。青汁に不足するタンパク質をカバーできます。イソフラボン、葉酸、マグネシウム、鉄分なども含まれています。イソフラボンは女性ホルモン様物質で、女性ホルモンが少ないときは働きを補い、多いときはホルモンバランスを調節します。サプリメントでイソフラボンを摂ることもできますが、サプリメントでの過剰摂取は乳がんなどのリスクを高めるといわれています。食品からの摂取の場合はその心配がありません。豆乳はコレステロールゼロなので、コレステロールが気になる方にも最適です。大豆タンパク質の一部が胆汁酸とくっついて排泄します。胆汁酸はコレステロールから作られており、胆汁酸が排泄されることで血中のコレステロールが使われてコレステロール値を下げます。

 

フルーツジュースで割る

甘いフルーツジュースは青汁の苦さを消してくれます。グリーンスムージーは野菜と果物をミキサーにかけてものですが、フルーツジュースで割るとグリーンスムージー感覚になります。たいていのフルーツジュースとの相性がよいです。飲みやすいのはオレンジやリンゴジュースです。オレンジの酸味が苦さを消してくれます。リンゴジュースは甘味が強いでの子供でも飲みやすいです。100%果汁と砂糖入りのジュースがありますが、100%果汁の方がおいしいです。砂糖が入っていると不自然な甘さになります。フルーツはビタミンCが豊富なので、フルーツジュースで割るとビタミンCをたくさん摂れそうですが、ビタミンCは熱に弱く市販のジュースは加熱処理されていてビタミンCが破壊されています。そのため、ビタミンCの摂取は期待できません。しかし、ビタミンやミネラルを添加したジュースもあるので、そういったものなら栄養素を強化できます。

 

ヨーグルトで割る

ヨーグルトの程よい酸味となめらかさが青汁の臭さと苦さをまろやかにしてくれます。ヨーグルトの酸味も気になりにくくなります。はちみつを加えるとさらにおいしいです。飲むヨーグルトでもおいしく飲めます。デザート感覚で食べられるので間食に適しています。間食に青汁ヨーグルトにすれば、お菓子を食べるよりも摂取カロリーを減らすことができます。ダイエット中の間食によいでしょう。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌には腸内環境を整える働きがあり、腸内環境が整うことで便通が改善します。便秘を解消するためには食物繊維も必要です。食物繊維には便の量は増やす、腸の働きを活発にする、善玉菌のエサになるといった働きがあります。青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、ヨーグルトとの相乗効果が期待できます。食物繊維は野菜、海藻、果物、きのこなどに豊富に含まれているのですが、食の欧米化でこういった食品を食べる機会が少なくなっています。そのため、日本人の食物繊維摂取量は減少気味です。食物繊維不足による便秘の方も増えています。野菜を食べなくちゃと思っても仕事が忙しかったりすると、外食や加工食品になってしまい野菜を食べることができませんが、青汁なら食物繊維を手軽に補えます。

 

はちみつ、メープルシロップ、黒糖を混ぜる

青汁の苦さが苦手という場合は、はちみつなどの甘味を加えるだけでも飲みやすくなります。それぞれの甘味料によって甘さの強さが違うので、好みものもを見つけてください。はちみつにはオリゴ糖、ミネラルなどが含まれています。オリゴ糖は人間の消化酵素で分解されず大腸に届き、腸内に棲みつく善玉菌のエサになる働きがあります。オリゴ糖を食べた善玉菌が元気になり整腸作用があります。ミネラルは美肌や代謝アップをサポートします。レンゲ、アカシア、クローバーなどいろいろなはちみつがあり、どんな花から得たのかによって味や香りに違いがあります。

白砂糖は血糖値を急激に上昇させるので肥満や糖尿病の原因になりますが、メープルシロップは低GIの甘味料です。GIとは血糖値の上がりやすさ指標で値が低いほど血糖値が上がりにくいです。白砂糖がGI値99なのに対し、メープルシロップはGI値54です。白砂糖は精製しているのでビタミンやミネラルが取り除かれていますが、黒糖にはビタミンやミネラルが含まれています。黒いものには体を温める働きがあり、黒糖も体を温めてくれます。

 

人参ジュースで割る

野菜ジュースとの相性はあまりよくないのですが、人参ジュースはおいしいです。緑の野菜ジュースは野菜臭さがややありますが、人参は甘い野菜で青汁の苦さを消してくれます。人参入り野菜ジュースではなく、100%人参のジュースで割りましょう。人参のオレンジ色はβカロテンの色です。カロテンには抗酸化作用があり、老化の原因といわれる活性酸素から体を守ってくれます。紫外線からも守ってくれるので、シミ対策、美肌にもよいです。人参に含まれるβカロテンは、生で食べるよりも加熱する、加熱したものをジュースで摂ると吸収がよくなります。

 

680円から始めるGENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁 公式サイト
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁は便秘改善・美肌効果・ダイエット効果が求められるワガママな女性にぴったりの人気急上昇中の青汁です。
 
 
    サービス詳細はこちら
 

青汁人気ランキング
GENKING(ゲンキング)のめっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁【GENKING】
GENKING(ゲンキング)愛用の「美容」「健康」「ダイエット」の3つを叶えるフルーツ青汁!
PECO(ペコ)のめっちゃぜいたくフルーツ青汁
モデルのPECO(ペコ)が10kgのダイエットに成功した秘密のダイエット方法!SNSで話題の「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」
すっきりフルーツ青汁
コスパ最高の630円から始めるフルーツ青汁ダイエット
なつぅみchanのハッピーマジック青汁
初回無料!人気カリスマモデルのなつぅみchanのハッピーマジック青汁が遂に登場。
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
リンゴ風味のサンスターのおいしい青汁
1本で1日分の野菜を補給。販売実績8,300万本の実績!サンスターの美味しい青汁。
新感覚青汁ゼリーの美感青汁
新感覚ゼリーの美感青汁
青汁の常識を覆すゼリータイプの青汁が登場。携帯可能で場所と時間を選ばずいつでも飲める!
お米由来の乳酸菌配合の青汁みらい
青汁みらい
明日葉使用のふるさと青汁
ふるさと青汁
ビフィズス菌配合の里の青汁
里の青汁